2006年10月17日

日々の御言葉

ヘブライ人の手紙(7:20−28)

7:20 また、これは誓いによらないで行われたのではありません。レビの系統の祭司たちは、誓いによらないで祭司になっているのですが、
7:21 この方は、誓いによって祭司となられたのです。神はこの方に対してこう言われました。「主はこう誓われ、/その御心を変えられることはない。『あなたこそ、永遠に祭司である。』」
7:22 このようにして、イエスはいっそう優れた契約の保証となられたのです。
7:23 また、レビの系統の祭司たちの場合には、死というものがあるので、務めをいつまでも続けることができず、多くの人たちが祭司に任命されました。
7:24 しかし、イエスは永遠に生きているので、変わることのない祭司職を持っておられるのです。
7:25 それでまた、この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。
7:26 このように聖であり、罪なく、汚れなく、罪人から離され、もろもろの天よりも高くされている大祭司こそ、わたしたちにとって必要な方なのです。
7:27 この方は、ほかの大祭司たちのように、まず自分の罪のため、次に民の罪のために毎日いけにえを献げる必要はありません。というのは、このいけにえはただ一度、御自身を献げることによって、成し遂げられたからです。
7:28 律法は弱さを持った人間を大祭司に任命しますが、律法の後になされた誓いの御言葉は、永遠に完全な者とされておられる御子を大祭司としたのです。
posted by peter at 10:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

愛の運動会

운동회_0012.jpg

운동회_0023.jpg

운동회_0001.jpg

楽しい運動会でした。

posted by peter at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々の御言葉

ヘブライ人の手紙7:11-19

7:11 ところで、もし、レビの系統の祭司制度によって、人が完全な状態に達することができたとすれば、――というのは、民はその祭司制度に基づいて律法を与えられているのですから――いったいどうして、アロンと同じような祭司ではなく、メルキゼデクと同じような別の祭司が立てられる必要があるでしょう。
7:12 祭司制度に変更があれば、律法にも必ず変更があるはずです。
7:13 このように言われている方は、だれも祭壇の奉仕に携わったことのない他の部族に属しておられます。
7:14 というのは、わたしたちの主がユダ族出身であることは明らかですが、この部族についてはモーセは、祭司に関することを何一つ述べていないからです。
7:15 このことは、メルキゼデクと同じような別の祭司が立てられたことによって、ますます明らかです。
7:16 この祭司は、肉の掟の律法によらず、朽ちることのない命の力によって立てられたのです。
7:17 なぜなら、/「あなたこそ永遠に、/メルキゼデクと同じような祭司である」と証しされているからです。
7:18 その結果、一方では、以前の掟が、その弱く無益なために廃止されました。――
7:19 律法が何一つ完全なものにしなかったからです――しかし、他方では、もっと優れた希望がもたらされました。わたしたちは、この希望によって神に近づくのです。

Hebrews 7:11-7:19(NIV)

11. If perfection could have been attained through the Levitical priesthood (for on the basis of it the law was given to the people), why was there still need for another priest to come-one in the order of Melchizedek, not in the order of Aaron?

12. For when there is a change of the priesthood, there must also be a change of the law.

13. He of whom these things are said belonged to a different tribe, and no one from that tribe has ever served at the altar.

14. For it is clear that our Lord descended from Judah, and in regard to that tribe Moses said nothing about priests.

15. And what we have said is even more clear if another priest like Melchizedek appears,

16. one who has become a priest not on the basis of a regulation as to his ancestry but on the basis of the power of an indestructible life.

17. For it is declared: "You are a priest forever, in the order of Melchizedek."

18. The former regulation is set aside because it was weak and useless

19. (for the law made nothing perfect), and a better hope is introduced, by which we draw near to God.

posted by peter at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

日々の御言葉

ヘブライ人の手紙6:9−20


6:9 しかし、愛する人たち、こんなふうに話してはいても、わたしたちはあなたがたについて、もっと良いこと、救いにかかわることがあると確信しています。
6:10 神は不義な方ではないので、あなたがたの働きや、あなたがたが聖なる者たちに以前も今も仕えることによって、神の名のために示したあの愛をお忘れになるようなことはありません。
6:11 わたしたちは、あなたがたおのおのが最後まで希望を持ち続けるために、同じ熱心さを示してもらいたいと思います。
6:12 あなたがたが怠け者とならず、信仰と忍耐とによって、約束されたものを受け継ぐ人たちを見倣う者となってほしいのです。
6:13 神は、アブラハムに約束をする際に、御自身より偉大な者にかけて誓えなかったので、御自身にかけて誓い、
6:14 「わたしは必ずあなたを祝福し、あなたの子孫を大いに増やす」と言われました。
6:15 こうして、アブラハムは根気よく待って、約束のものを得たのです。
6:16 そもそも人間は、自分より偉大な者にかけて誓うのであって、その誓いはあらゆる反対論にけりをつける保証となります。
6:17 神は約束されたものを受け継ぐ人々に、御自分の計画が変わらないものであることを、いっそうはっきり示したいと考え、それを誓いによって保証なさったのです。
6:18 それは、目指す希望を持ち続けようとして世を逃れて来たわたしたちが、二つの不変の事柄によって力強く励まされるためです。この事柄に関して、神が偽ることはありえません。
6:19 わたしたちが持っているこの希望は、魂にとって頼りになる、安定した錨のようなものであり、また、至聖所の垂れ幕の内側に入って行くものなのです。
6:20 イエスは、わたしたちのために先駆者としてそこへ入って行き、永遠にメルキゼデクと同じような大祭司となられたのです。

9. Even though we speak like this, dear friends, we are confident of better things in your case-things that accompany salvation.

10. God is not unjust; he will not forget your work and the love you have shown him as you have helped his people and continue to help them.

11. We want each of you to show this same diligence to the very end, in order to make your hope sure.

12. We do not want you to become lazy, but to imitate those who through faith and patience inherit what has been promised.

13. When God made his promise to Abraham, since there was no one greater for him to swear by, he swore by himself,

14. saying, "I will surely bless you and give you many descendants."

15. And so after waiting patiently, Abraham received what was promised.

16. Men swear by someone greater than themselves, and the oath confirms what is said and puts an end to all argument.

17. Because God wanted to make the unchanging nature of his purpose very clear to the heirs of what was promised, he confirmed it with an oath.

18. God did this so that, by two unchangeable things in which it is impossible for God to lie, we who have fled to take hold of the hope offered to us may be greatly encouraged.

19. We have this hope as an anchor for the soul, firm and secure. It enters the inner sanctuary behind the curtain,

20. where Jesus, who went before us, has entered on our behalf. He has become a high priest forever, in the order of Melchizedek.


posted by peter at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

ガン?

ガンは体の細胞中にある遺伝子の変異によってひき起こります。遺伝子に突然変異を起こさせる因子として次のものがあります。
・タバコ
ニコチン、タール、ベンツピレンなど
・食品添加物
防腐剤、着色料、酸化防止剤、発色剤、人工甘味料など
・環境ホルモン
ダイオキシン、DDT、PCB、トリクロロエチレンなど
・放射線
・紫外線
・ウイルス
これらすべてを避けて生活することは不可能です。しかし、注意を払うことで発ガンの可能性を低くすることは重要なことです。

posted by peter at 15:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康管理-豆知識

セルロースは植物の繊維成分として穀物、野菜、果物のような農産食品のなかに植物の細胞壁の主成分として存在しています。キトサン、キチンはセルロース同様に身近な食品に含まれていて、中にはそのまま食べてしまっています。

例えばマツタケ、シイタケ、エノキタケ、シメジ、ナメコ、マイタケなどキノコのかたちを支えている細胞壁の主成分はキチンです。カマンベールチーズのようにチーズ全体がカビで覆われたもの、酵母菌などの菌類の細胞壁の主成分もキチンです。エビ・カニの甲殻の主成分がキチンです。また、イカの甲というか筋の部分、タコの軟骨様部分、貝類の硬組織にもキチンが含まれています。イナゴやハチノコのような昆虫の胴体、脚、翅など外骨格の主成分にキチンが広く存在しています。

キトサン、キチンは体に良い効果を示します。
・酸性体質改善
・コレステロール値を下げる
・肝臓機能強化
・糖尿病改善
・免疫機能活性化
・ガン転移防止
・ガン抑制作用
・血糖値の上昇抑制
・腸内の有用菌増加
・細胞の活性化  など

posted by peter at 15:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々の御言葉

ヘブライ人の手紙(5章11節ー6章8節)
5:11 このことについては、話すことがたくさんあるのですが、あなたがたの耳が鈍くなっているので、容易に説明できません。
5:12 実際、あなたがたは今ではもう教師となっているはずなのに、再びだれかに神の言葉の初歩を教えてもらわねばならず、また、固い食物の代わりに、乳を必要とする始末だからです。
5:13 乳を飲んでいる者はだれでも、幼子ですから、義の言葉を理解できません。
5:14 固い食物は、善悪を見分ける感覚を経験によって訓練された、一人前の大人のためのものです。
6:1 -2 だからわたしたちは、死んだ行いの悔い改め、神への信仰、種々の洗礼についての教え、手を置く儀式、死者の復活、永遠の審判などの基本的な教えを学び直すようなことはせず、キリストの教えの初歩を離れて、成熟を目指して進みましょう。
6:2
6:3 神がお許しになるなら、そうすることにしましょう。
6:4 一度光に照らされ、天からの賜物を味わい、聖霊にあずかるようになり、
6:5 神のすばらしい言葉と来るべき世の力とを体験しながら、
6:6 その後に堕落した者の場合には、再び悔い改めに立ち帰らせることはできません。神の子を自分の手で改めて十字架につけ、侮辱する者だからです。
6:7 土地は、度々その上に降る雨を吸い込んで、耕す人々に役立つ農作物をもたらすなら、神の祝福を受けます。
6:8 しかし、茨やあざみを生えさせると、役に立たなくなり、やがて呪われ、ついには焼かれてしまいます。

Hebrews 5:11~6:8
11. We have much to say about this, but it is hard to explain because you are slow to learn.
12. In fact, though by this time you ought to be teachers, you need someone to teach you the elementary truths of God's word all over again. You need milk, not solid food!
13. Anyone who lives on milk, being still an infant, is not acquainted with the teaching about righteousness.
14. But solid food is for the mature, who by constant use have trained themselves to distinguish good from evil.
1. Therefore let us leave the elementary teachings about Christ and go on to maturity, not laying again the foundation of repentance from acts that lead to death, and of faith in God,
2. instruction about baptisms, the laying on of hands, the resurrection of the dead, and eternal judgment.
3. And God permitting, we will do so.
4. It is impossible for those who have once been enlightened, who have tasted the heavenly gift, who have shared in the Holy Spirit,
5. who have tasted the goodness of the word of God and the powers of the coming age,
6. if they fall away, to be brought back to repentance, because to their loss they are crucifying the Son of God all over again and subjecting him to public disgrace.
7. Land that drinks in the rain often falling on it and that produces a crop useful to those for whom it is farmed receives the blessing of God.
8. But land that produces thorns and thistles is worthless and is in danger of being cursed. In the end it will be burned.
posted by peter at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JoyTrio−2

PICT9248.jpg

ヨハン早稲田キリスト教会のGospleNight(主日午後6時の賛美礼拝)での
JoyTrio演奏の写真です。
posted by peter at 15:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Joy Trio

PICT9255.jpg

ヨハン早稲田キリスト教会のGospelNightでのJoyTrio... 3人
posted by peter at 15:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒し景

posted by peter at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

2004年Kosta集会

kosta200407.jpg


毎日が霊性を高めるKOSTAのように
posted by peter at 16:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

横浜教会の名物でしょ!

yokohama-2.jpg


KOSTAで確かめられた横浜教会の名物!タンスチム
posted by peter at 14:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨンジュンチャンーかわいい

PAP_0004.jpg


かわいい1歳誕生日写真
posted by peter at 13:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

自然

j0145032.jpg

j0145179.jpg
posted by peter at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

担任牧師

20060820_32_03.jpg

kdkim-1.jpg


ビジョンメーカー金先生!

posted by peter at 17:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老僕-KCCC総裁

20051227_31_01.jpg


人生すべてを全世界の福音化のため捧げていらっしゃるKCCC総裁です。
posted by peter at 17:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒し景

posted by peter at 17:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山

posted by peter at 13:03| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

Gospel Musicー主の森


GospelConcertの賛美一曲ご紹介です。^0^ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)
posted by peter at 09:56| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 耳楽しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。