2006年09月28日

自然

j0145032.jpg

j0145179.jpg
posted by peter at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

担任牧師

20060820_32_03.jpg

kdkim-1.jpg


ビジョンメーカー金先生!

posted by peter at 17:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老僕-KCCC総裁

20051227_31_01.jpg


人生すべてを全世界の福音化のため捧げていらっしゃるKCCC総裁です。
posted by peter at 17:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒し景

posted by peter at 17:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山

posted by peter at 13:03| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

Gospel Musicー主の森


GospelConcertの賛美一曲ご紹介です。^0^ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)
posted by peter at 09:56| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 耳楽しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山

posted by peter at 09:49| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

キリストにはー聖書を自分の物にする。

bible.jpg



大学生の時代、聖書勉強クラブに入会したのが私の初めての聖書
との手合いでした。先輩たちに囲まれて聖書勉強に励みました。
聖書を読み、聞き、勉強したり、覚えたりするうちに内容が悟り、
神様の属性やキリストの秘められた真理が見え始めたのである。
それから25年過ぎている今、感じるのは感謝たけです。
ですので今も聖書を自分の物にするために励んでいる。
今日も聖書を開く。。。。。^0^

posted by peter at 11:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

キリストにはー自殺が賛美に変わり!!

jung009.jpg

中学の時でした。
私は人間は何者なのか?
私はどこから来てどこに行くのか?
今の私の生き方は正しいなのか?
私は死んだらどうなるのか?
絶対的存在がいるのか?誰なのか?
等など次と次に続く質問で頭がいっぱいに
なったことを覚えている。自殺を図ったこともある。
首をネクタイで釣って自殺を考えたのだ。
一瞬死んだらどうなるの、そのときの恐ろしさを今も覚えている。
大学に入ってからその悩み、さ迷いに終止符を打つ契機が訪れた。
それは聖書勉強でした。
私は聖書を通して、私の作り主、救い主、永遠の父なる神様を
イエスキリストの十字架での限りない愛と許しと聖霊様の見守りと
導きを知り、信じ、体験できたのだ。
ハレルヤ!主を賛美せよ!

posted by peter at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山行

1_1_.jpg

秋の山行

静かな昼間、風の音が響く秋の山。。。
共にする友人との何気ない雑談話。。。
足跡に残る落ち葉の歌声、
人生の縮小版が山行。。。
キリストは永遠に共にされるわが主・わが友
ハレルヤ!ハレルヤ!
posted by peter at 14:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のサイン

2_1.jpg


秋の訪れが感じられる。。。。
posted by peter at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳み知識

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材である。 芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。

t_meisyou.gif
ttm.jpg

伝統的な日本家屋にみられる畳敷きの部屋(旧岡田家住宅奥の間 兵庫県伊丹市)畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の四種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
日本家屋は3尺×6尺(半間×1間、910mm×1820mm)という寸法が全ての基本となっており、これを尺モジュールという。畳もこの寸法が基本となるが、2:1の縦横比が崩れないように長さを増減した各種の規格が存在する(半畳サイズの畳は1:1の縦横比)。以下は1畳サイズの各種規格である。

京間(きょうま)、本間(ほんま)、本間間(ほんけんま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)のサイズ。主に関西・中国・四国・九州で使用されている。
中京間(ちゅうきょうま)、三六間(さぶろくま)
3尺×6尺(910mm×1820mm)のサイズ。主に愛知・岐阜・三重県の中京地方や福島・山形・岩手の東北地方の一部、および北陸地方の一部と沖縄、奄美大島で使用されている。
江戸間(えどま)、関東間(かんとうま)、五八間(ごはちま)
2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm)のサイズ。関東、東北、北海道など東日本の大部分の地域で使用されており、現在では全国的な標準規格になりつつある。
団地間(だんちま)、公団サイズ(こうだん―)、五六間(ごろくま)
2尺8寸×5尺6寸(850mm×1700mm)のサイズ。公団住宅、アパート、マンション等、共同住宅や高層住宅のほとんどで使用されている。
その他
六二間 - (3尺1寸×6尺2寸、940mm×1880mm)九州地方の一部で利用されている。
六一間 - (3尺5分×6尺1寸、925mm×1850mm)近畿・中国地方の一部で利用されている。
規格外のさらに小さいサイズや、縦横比が2:1になっていない変形サイズも存在する。これらは、部屋の寸法に合わせて注文で作られたものである。
ラベル:畳み
posted by peter at 13:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人物研究ーヨハネ

ヨハネは人名。ヘブライ語で「主は恵み深い」を意味するヨーハーナーンが元の形とされるが、ギリシア語ではIóannés (イオーアンネース。ただし中世以降の発音はヨアニス。日本では慣用形でヨハネス)、ラテン語ではJohannes(ヨハネス)、日本語ではヨハネと呼ぶ慣例である。この名は英語でJohn(ジョン)、フランス語でJean(ジャン)、スペイン語でJuan(フアン)、ポルトガル語でJoão(ジョアン)、ドイツ語でヨハネス(省略形でハンスまたはヨハン)、ロシア語でИван(Ivan, イヴァン)、イタリア語でGiovanni (ジョヴァンニ)、ポーランド語・チェコ語・オランダ語・デンマーク語などでJan(ヤン)になるが、いずれも各国のキリスト教徒によって非常に好まれる男子の名である。

使徒ヨハネ(しと-)は、新約聖書に登場するイエスの使徒の一人。洗礼者ヨハネと区別するために特に「使徒ヨハネ」と呼んだり、ゼベダイの子ヨハネ、福音記者ヨハネと呼ぶこともある。また神学者ヨハネとも呼ばれる。
福音記者ヨハネ(エル・グレコ、)ヨハネは兄のヤコブとともにガリラヤ湖で漁師をしていたが、ナザレのイエスと出会い、その最初の弟子の一人となった。ペトロ、兄弟ヤコブとともに特に地位の高い弟子とされ、イエスの変容の場面や、ゲッセマネにおけるイエス最後の祈りの場面では、彼ら三人だけが伴われている。ルカによる福音書ではイエスから最後の晩餐の準備をペトロとヨハネの2人が仰せつかっている(ルカ22:8)。

ヨハネによる福音書ではイエスが十字架にかけられたときも弟子としてただ一人「愛する弟子」が十字架の下にいたと書かれている(ヨハネ19:26)。このためキリスト磔刑図においては、伝統的にイエスの母マリアとヨハネを左右に配する構図が存在する。

また、ヨハネ福音書ではイエスの墓が空であることを聞いてペトロとかけつけ、真っ先に墓にたどりついたのもこの弟子であり、伝統的に使徒ヨハネのことだと信じられている。これについては「イエスの愛しておられた弟子」の項を参照のこと。

ヨハネはエルサレム教団においてペトロとともに指導的立場にあった(使徒言行録3:1など)。

古い伝承では使徒たちの中で唯一殉教せず、パトモス島で晩年を過ごし、福音書や黙示録を記した(ヨハネ黙1:9)。また、イエスの母マリアを連れエフェソに移り住み、そこで没したという。アトス山の修道院を開いたのは、ヨハネに伴われたイエスの母マリアであるとする伝説もある。

教会では伝統的には『ヨハネによる福音書』、『ヨハネの手紙一』、『ヨハネの手紙二』、『ヨハネの手紙三』、『ヨハネの黙示録』が使徒ヨハネによって書かれたとされてきたが、近代以降の聖書学はそのような見解を支持していない。 ヨハネ文書の項を参照のこと。

ヨハネおよびヨハネの福音書はしばしば鷲のシンボルであらわされる。これは『エゼキエル書』1:10に登場する四つの生き物に由来し、それぞれ四人の福音記者と福音書にあてはめられている。

洗礼者ヨハネ(せんれいしゃ―)は新約聖書に登場する古代ユダヤの宗教家、預言者。個人の改心を訴え、ヨルダン川で洗礼を授けた。『ルカによる福音書』によれば父は祭司ザカリア、母はエリザベト。使徒ヨハネとは別人である。バプテスマのヨハネ、洗者ヨハネとも。
posted by peter at 11:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人物研究

アウグスティヌス(Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)

AugustineLateran.jpg  Saint_Augustine_of_Hippo.jpg古代キリスト教の神学者、哲学者、ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。古代キリスト教世界のラテン語圏において最大の影響力をもつ理論家。
アウグスティヌスはキリスト教徒の母モニカと異教徒の父パトリキウスの子として、北アフリカのタガステに生まれた。若い頃から弁論術の勉強をし、まずタガステに近いカルタゴ、のちにイタリアで弁論術を学ぶ。キリスト教に回心する前は、一時期マニ教を信奉していたが、キケロの『ホルテンシウス』を読み哲学に関心をもち、マニ教と距離をおくようになる。その後ネオプラトニズムを知り、ますますマニ教に幻滅を感じた。

当時ローマ帝国の首都であったイタリアのローマに行き、更にその北に位置するミラノで弁論術の教師をするうち、ミラノの司教アンブロジウスおよび母モニカの影響によって洗礼を受けキリスト教徒となった。

彼は母モニカの死後、アフリカに帰り、息子や仲間と共に一種の修道院生活を行ったが、この時に彼が定めた規則はアウグスティヌスの戒則と言われ、キリスト教修道会規則の一つとなった。(聖アウグスチノ修道会はアウグスティヌスの定めた会則を元に修道生活を送っていた修道士たちが13世紀に合同して出来た修道会である。)彼は391年北アフリカの都市ヒッポの教会の司祭に、更に396年には司教に選出されたため、その時初めて聖職者としての叙階を受けた。

430年、ヨーロッパからジブラルタル海峡を渡って北アフリカに侵入したゲルマン人の一族ヴァンダル人によってヒッポが包囲される中、ローマ帝国の落日とあわせるように古代思想の巨人はこの世を去った。


posted by peter at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CampFire

posted by peter at 10:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々の御言葉-9/21

今日の御言葉(ローマ10:5−13)


10:5 モーセは、律法による義について、「掟を守る人は掟によって生きる」と記しています。
10:6 しかし、信仰による義については、こう述べられています。「心の中で『だれが天に上るか』と言ってはならない。」これは、キリストを引き降ろすことにほかなりません。
10:7 また、「『だれが底なしの淵に下るか』と言ってもならない。」これは、キリストを死者の中から引き上げることになります。
10:8 では、何と言われているのだろうか。「御言葉はあなたの近くにあり、/あなたの口、あなたの心にある。」これは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉なのです。
10:9 口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。
10:10 実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。
10:11 聖書にも、「主を信じる者は、だれも失望することがない」と書いてあります。
10:12 ユダヤ人とギリシア人の区別はなく、すべての人に同じ主がおられ、御自分を呼び求めるすべての人を豊かにお恵みになるからです。
10:13 「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。
posted by peter at 10:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう)(アラビア語: الإسلام; al-islām) は、アッラーフ(アラビア語:Allāh)が唯一の神であることを信じ、神が最後の預言者であるムハンマド・イブン・アブドゥッラーフを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ従う一神教である。

この教えの名は、アラビア語では「身を委ねること」「神に帰依すること」を意味するイスラームと呼ばれ、これに帰依した者をムスリム(アラビア語:مسلم muslim)という。日本などの漢字文化圏では、古くは「回教」と呼ばれることがあったが、現在はあまり用いられていない。

六信・五行
ムスリムは六信として次のものを信ずるように定められている。
神(アッラーフ)
天使(マラーイカ)
啓典(キターブ)
使徒(ラスール)
来世(アーヒラ)
定命(カダル)


また五行として次の行動を取るよう定められている。
信仰告白(シャハーダ)
礼拝(サラー)
喜捨(ザカート)
断食(サウム)
巡礼(ハッジ)

五行に聖戦(ジハード)を加えようと言う動きもある。



posted by peter at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々の御言葉-9/20

今日の御言葉(ローマ 9:30-10:4)


9:30 では、どういうことになるのか。義を求めなかった異邦人が、義、しかも信仰による義を得ました。
9:31 しかし、イスラエルは義の律法を追い求めていたのに、その律法に達しませんでした。
9:32 なぜですか。イスラエルは、信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです。彼らはつまずきの石につまずいたのです。
9:33 「見よ、わたしはシオンに、/つまずきの石、妨げの岩を置く。これを信じる者は、失望することがない」と書いてあるとおりです。
10:1 兄弟たち、わたしは彼らが救われることを心から願い、彼らのために神に祈っています。
10:2 わたしは彼らが熱心に神に仕えていることを証ししますが、この熱心さは、正しい認識に基づくものではありません。
10:3 なぜなら、神の義を知らず、自分の義を求めようとして、神の義に従わなかったからです。
10:4 キリストは律法の目標であります、信じる者すべてに義をもたらすために。
posted by peter at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

尊敬する人物

John_Calvin.jpg

ジャン・カルヴァン(Jean Calvin 1509年7月10日 - 1564年5月27日カルヴィンとも)はルターやフルドリッヒ・ツヴィングリと並んで有名なフランス生まれのキリスト教宗教改革初期の指導者である。

彼の神学は、ルター派など一部を除き教派の違いを超えてプロテスタント諸派に大きな影響を与えた。プロテスタント教会のひとつ改革長老教会は彼の思想的流れを汲む教会である。

フランス・ピカルディー地方のノワヨン生まれ。法律、神学を学び、人文主義的な教養を身に付けた。セネカの『寛容について』を翻訳し、1532年パリで刊行。1533年頃に、突然の回心を経験したという。

1534年、パリで檄文事件が起こりプロテスタントへの弾圧が激しくなり、その前後から亡命生活になった。 1536年3月、バーゼルで『キリスト教綱要』(初版本、ラテン語)を刊行。この本は広く読まれ、その名を世に知られた。

カルヴァンは名うての論争家で、論敵との議論の必要性から『キリスト教綱要』も5度にわたって改訂・増補され、1559年出版の最終版は初版本(1巻本)の数倍もの分量になった。1541年にはフランス語版が刊行された。
同じ1536年、旅行中に偶々滞在したジュネーヴ市で、牧師のギョーム=ファレルに要請され、同市の宗教改革に協力する。1538年、教会勢力の拡大を恐れた市当局によってファレルらと共に追放の憂き目を見るが、1541年、市民の懇請によって同市に戻る。以後30年近くにわたって、神権政治を行って同市の教会改革を強力に指導した。

厳格な統治を行い、市民の日常生活にも厳しい規律を求めた。1553年、神学者とされたミゲル・セルヴェート(Michael Servetus)を異端として生きながら火刑に処した。カルヴァンの時代は、永遠の命の救いということは信徒たちや自分自身の救いにも関わる重大事であり、誤った教えを信じて一歩間違ったら地獄行きという切迫感をもって受け止められていた。それは、当時のカトリック、プロテスタント共通の感覚であったため、教理の問題は命がけであった。また当時のジュネーブにおいては教会の法と世俗の法はほとんど変わらない位置づけであったので、現在の感覚からすれば異常とも思える火刑という行きすぎた行為に出たのであった。そのため、カルヴァンとしては、死ぬまでセルヴェの火刑を誤りと認めるわけにはいかなかったのである。しかし、当時から、セバスチャン・カステリオン(Sebastian Castellio)など反カトリック陣営もカルヴァンを非難し、このことを指して、宗教的不寛容ないし、裁きを神にゆだねなかったという意味でカルヴァン生涯最大の汚点という論者も絶えない。なお、ツヴァイクが、このテーマでカステリオンとカルヴァンの対決を扱った評伝『権力と戦う良心』を著している。また、ジュネーブの近くにあるセルヴェが火刑で苦しんだ教会には 「当時の誤謬は非難されるべきにもかかわらず、わたしたちの偉大なる改革者であるカルヴァンの従順で誠意ある後継者として、良心の自由に堅く立つ者として、また宗教改革と福音の真の理念に従って、われわれは、ここに贖罪の碑を建て続けるものである。1903年10月27日」と銘文の刻まれた贖罪の碑が建てられている。
posted by peter at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比較宗教-ラマダン

kabah02.jpg

ラマダーン (アラビア語: رمضان )はヒジュラ暦の第9月。日本ではラマダンともいう。

イスラム教徒の義務の一つである「断食(サウム)」では、この月の日の出から日没までのあいだ、飲食を絶つ。イスラム暦は純粋な太陰暦で、閏月による補正を行わないため、毎年10日程度遅れ、およそ37年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダンを人生で2度経験する」と言われる。今年は9月24日から10月23日です。

posted by peter at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。